バイクを乗る上で欠かせないメンテナンス

日頃、通勤や通学などでバイクを乗られている方で、バイクに乗ってはいるが、メンテナンスとかよく分からないなど思いの方たくさんおられるとおもいます。そんな方のために日頃するべきメンテナンスについて少し紹介します。

まず、初めに基本のきと言っても過言じゃないエンジンオイルの点検です。
エンジンオイルは基本的には5000キロか半年に1回、オイル交換をしましょう。そして、オイル交換の2回に1回、エレメント(フィルター)の交換をしてください。これを守れば基本的にオイル交換は大丈夫です。

しかし、乗っている中でどれくらい走ったかわからなくなったり、前回オイル交換したのいつだったかな?なんて忘れてしまう方もおられるとおもいます。忘れた場合は、どのバイクにもある、オイルの挿入口を開けるとオイルが少し付着してるのでペーパーなどに取ってみましょう。そうすると、オイルが劣化していると黒いオイルが付着しますので、黒いオイルならば、オイル交換を早めに行ってください。

次に、ギア車限定なのですが、チェーンの清掃です。ゴミなどがチェーンに溜まり、腐食の原因になったりします。チェーンに関しては、よく見てみると、ゴミがたまっているのがわかりますので、そうなると清掃を行ってください。
清掃の仕方は、ひとそれぞれなのですが、私の場合、パーツクリーナーとワイヤーブラシで汚れをおとし、ペーパーウエスなどで拭きあげ、最後にチェーン用のオイルをスプレーします。チェーン用のオイルは注入しすぎると、オイルが跳び跳ねて汚れたりしますので、うすーく膜がのるぐらいでするといいでしょう。

その他にもブレーキやクラッチのワイヤーは、最初の引きの感じを覚えておくと交換時期がわかります。ずっと乗っていると、ワイヤーは伸びてくるので、最近なんかブレーキが柔らかくなったりとかしはじめたらバイク屋にみてもらうことをおすすめします。

あと、最後にタイヤは、月1ぐらいで目視で点検をしましょう。タイヤに関して見るところは、接地面、側面などに亀裂がないかどうか、タイヤの溝があるかどうか、釘など異物を踏んでないかどうかなどを目視で確認してください。ひとつでもやばいなと思ったら早めに交換を行ってください。タイヤに関しては、バーストすると、命に関わりますので、しっかりみてあげてください。

これぐらいが最低限のメンテナンスなので、しっかり行ってよりよいバイクライフを送ってください。そして、ちゃんとメンテナンスさえしておけば、もしバイクを売ることになった場合も高額査定がつきますよ【バイク買取 エイプ50】